頑張れば印鑑はつくれる

印鑑イメージ

印鑑を欲しいと思ったら、印鑑やさんにお願いして、自分の希望の文字を彫ってもらうのが普通ですよね。
既製品として、元々売られているものもありますが、それらは安いものがほとんどです。

ある程度の値段をかけて、しっかとしたものを用意したいと思ったらかならず印鑑やさんに頼まなければいけなくなってしまいます。

印鑑やさんは、依頼された文字を機械彫り、もしくは熟練された職人さんたちの手で手彫りで彫っていきます。
人間の手で、あんなに小さいものを彫るのは大変そうですが、手馴れた人たちだからこそ出来るワザといえるでしょうね。

ですが、そういった仕事をしている人達がいるということは、人間なら誰でも頑張れば、印鑑は作れるというわけです。
最初のうちはうまくいかなくて当然ですが、見よう見まねでそれっぽいものを作ることは出来るはずです。

実際に、ホームセンターなどでは印鑑に相応しいような印材が売っているものです。
それを使って、自分で彫ることは可能ですし、出来上がった印鑑を日常的に使うことだって可能です。

公的な書類などには向きませんが、趣味や認印になら、十分に活躍してくれるでしょう。
自分で彫ったものだと、ちょっとくらい出来上がりが不恰好な方が愛着がわいていいかもしれません。

素人が自分で彫る場合には、小さな印鑑は難しいでしょうから、ある程度のサイズがある、角印のほうがやりやすいでしょうね。
彫る場合は、刃物で怪我をしないように気をつけて行いましょう。

ページの先頭へ