人の文字は間違えるべきではない

シンプルイメージ

どんな職業においても、その職業柄、絶対にやってはいけないような間違いというものがあります。

誰かに決められているというわけではありませんが、その仕事を行う上で、プロとしての自覚を持たなければいけませんから、そこだけは絶対に譲れない考え方だということを、誰もが自然と自覚してくるようになるのでしょう。

たとえ普通の人にとっては些細なことであっても、それらの仕事についている人にとっては、許すことは出来ないようなことだってあるはずです。

たとえば、はんこやさんにおいて、絶対にやるべきではない失敗としては人の名前の文字を間違えてしまうことではないでしょうか。
人の名前を扱う仕事をしているわけですから、それを間違ってしまうことは非常に恥ずかしいことですし、あってはならないことのように感じます。

人の名前というものは、一般の人であっても他人の名前の文字を間違えることは、失礼にあたると考えられているのが一般的ですから、名前を扱う職業だと、なおのこと失敗は許されないと思うのです。

印鑑をつくったときに文字を間違えてしまえば、当然売り物にはなりませんから、作り直さなければいけません。
そういったリスクをなくすためにも、文字は念入りに確認し絶対に間違いのないようにしなければいけないというわけですね。

ハンコやさん以外でも、人の名前を扱う仕事をしている人は多いことでしょう。
まだ、その仕事について間もない人は、名前の文字を間違ってしまうこともあるかもしれませんが、一度経験することで、深く反省し、自分によい経験を与えるともいえます。

ページの先頭へ