インクリボンが主流だった時代

スタンプイメージ

インクリボンというものを皆さんはご存知でしょうか。

かつては、タイプライターやワープロ、プリンターなどで使われる機会が多かったものですが、最近では便利なプリンター用インクやトナーなどが主流となっていますのでインクリボンを見たことが無いという人も多いことでしょう。

インクリボンは、カーボン紙のように、上からうち付けられた形を、下のものに写すためのものです。
これらを直接、タイプライターなどにセットして文字を押すことで紙に文字が印刷されるというわけです。

印鑑やシャチハタの原理と、にているかもしれませんね。

今は、パソコンや印刷技術が進歩していますから、簡単にワープロとしての機能も使えますし、小部数から同じものを印刷するようなことだって出来ます。
家庭用のプリンターであっても、たくさんの色を使うことができ、フルカラーで写真の表現も可能となりました。

【今すぐ印鑑をほしい方はこちらからどうぞ!】

印鑑と実印のプロフェッショナルが印鑑の制作手順やはんこ選びのアドバイスをいたします。
ですが、インクリボンやシャチハタが出たころは、それらがとても画期的なアイテムだったのです。

サインをする機会が多くなった現代では、シャチハタ自体の需要も若干落ちているような気がします。
ですが、便利であることに変わりは無いですから、シャチハタそのものも現代に合わせて進化を遂げながら活躍しているのです。

【実印をお探しの方へ、ネットショップがお得ですよ】

実印の使い道は多岐にわたります。印鑑証明、婚姻届、車の登録、土地建物の登記などに実印は必要です。

シャチハタは重要な公的文書などには使えませんが、その分、こだわりの楽しい一品を作ってもらうようなことも出来ます。
せっかくですから、自分が楽しめるような可愛らしい印鑑を作ってもらうのもいいかもしれませんね。

会社の実印は非常に重要な印鑑です!|会社の実印について
http://www.civilweekuns2013.com/

会社印鑑の呼び方は会社によって種類があることに注意
http://www.delavanlakewin.org/

ページの先頭へ